璃明武の戦績や本名は?経歴や彼女がいるかも調査!

 

2022年6月19日(日)に行われる「THE MATCH 2022」での江幡睦選手(伊原道場)との一戦が注目されているキックボクサーの璃明武りあむ)選手。

 

 

この記事では、

・明武の戦績や本名は?経歴や彼女がいるかも調査!

についてご紹介します。

 

那須川天心vs武尊戦はどこで見れる?試合開始時間や見どころも紹介!那須川天心vs武尊戦はどこで見れる?試合開始時間や見どころも紹介! ザマッチ2022ppvザマッチ2022のPPVの価格(金額)やお得な買い方は?同時視聴方法も紹介! THE MATCH 2022THE MATCH 2022(ザマッチ)のネット中継やテレビ地上波放送は?見逃し配信や無料視聴方法も紹介!

 

 

璃明武の戦績

 

ここでは璃明武選手の戦績についてご紹介します。

 

 

【戦績】

璃明武選手の戦績は、13戦11勝2敗4KO です。

13戦11勝という素晴らしい勝率の高さが際立つ璃明武選手。

 

【獲得タイトル】

・第19回K-1アマチュアチャレンジAクラスー55kg優勝

・K-1WORLDGP第3代スーパーバンタム級王座決定トーナメント3位

・第7代Krushスーパーバンタム級王者

 

 

2022年6月現在、21歳という大変若い年齢の璃明武選手ですので、今後も白星を積み重ねていく可能性が高いですよね!

 

さらなる活躍が期待される選手です。

 

 

璃明武の本名

 

ここでは璃明武選手の本名についてご紹介します。

 

 

本名は「瀬良璃明武せらりあむ)」のようですね!

 

K-1甲子園2016(高校生日本一決定トーナメント)」へ参戦した際の選手紹介欄に顔写真と共に本名が掲載されています。

 

璃明武」という名前は大変珍しいお名前ですので、名前の由来がとても気になります。

 

 

」という字は、宝玉の「瑠璃(るり)」「玻璃(はり)」に用いられる字で、他の漢字とともに使うことで宝石のような玉」を表現する漢字です。

 

このことから、「透明感」があって「キラキラ」したイメージがありますよね。

 

武道の道で、腕を磨いて明るく輝かしい未来へ」向かって精進していくにはピッタリなお名前という印象です。

 

 

璃明武の経歴や彼女

 

ここでは璃明武選手の経歴や彼女についてご紹介します。

 

 

インターネットなどで調べてみたところ、2008年の全国ジュニア空手道選手権大会の年長クラスで優勝されていました。

 

幼少期から空手で日本のトップに立つほどの選手だった璃明武選手。

 

空手道MAC埼玉西支部に所属し、腕を磨いてきたようです。

 

 

2015年のIBKO全日本大会組手の部にて、中2、中3男子55kg未満クラスでも優勝されています。

 

2016年のK-1甲子園-55kgトーナメントに出場した際は1回戦で敗退しましたが、おそらくこれがK-1への転換期になったのではないでしょうか。

 

2017年10月の第19回「K-1アマチュア」Aクラス-55kgトーナメントで優勝

 

 

そして翌年の2018年4月にプロデビューされました。

 

2021年に第7代Krushスーパーバンタム級王座に…。

 

 

幼少期から空手から、輝かしい経歴の持ち主と言えるのではないでしょうか。

 

今後の活躍がさらに期待される璃明武選手です。

 

 

次に彼女に関してご紹介します。

 

SNSなどを中心に調べてみましたが、璃明武選手の彼女に関する情報を得ることができませんでした。

 

璃明武選手は凛とした顔立ちですので、素敵なパートナーがいらっしゃったとしても不思議ではありません。

 

 

2022年6月現在で、21際の璃明武選手ですが、今は格闘家としての道を邁進されているような気がします。

 

2021年は4戦4勝と、ノリに乗っているので、目の前の戦いに集中されているのではないでしょうか。

 

 

まだまだお若く、可能性を秘めた璃明武選手ですので、恋愛は二の次かもしれないですね。

 

この件に関しては情報が入り次第追記しますね!

 

 

■ 璃明武・りあむ

本名:瀬良璃明武(せらりあむ)
生年月日:2000年10月7日
出身:埼玉県狭山市
身長:170cm
高校:埼玉県立入間向陽高等学校
戦績:13戦11勝2敗4KO(2022年6月現在)

獲得タイトル:Krushスーパーバンタム級王者
所属:K-1ジム総本部チームペガサス所属
>>ツイッター
>>インスタグラム

 

 

まとめ

 

この記事では、「璃明武の戦績や本名は?経歴や彼女がいるかも調査!」についてご紹介しました。

 

 

璃明武選手の戦績は、13戦11勝2敗4KOと勝率の高さが際立ちます。

 

本名は「瀬良璃明武せらりあむ)」のようで、名前の由来がとても気になります。

 

2008年の全国ジュニア空手道選手権大会の年長クラスで優勝されていたなど幼少期から空手で日本のトップに立つほどの選手だった璃明武選手。

 

 

2021年に第7代Krushスーパーバンタム級王座になりました。

 

華々しい経歴の持ち主ですね。

 

 

そんな強くてカッコいい璃明武選手の彼女に関する情報は得ることができませんでした。

 

2022年6月現在で、21際の璃明武選手ですが、今は格闘家としての道を邁進されているような気がします。