女子のキックボクシング体験で失敗しない服装は?持ち物や注意点も!

 

最近ぼくのジムでは、人気女優さんがキックボクシングをはじめた影響もあり、キックボクシングを体験したいという女性の方が増えています。

 

脂肪燃焼や運動不足解消などの効果があるキックボクシングは今ますます注目されています。

 

そんなキックボクシングに興味があり、これからはじめてみようかなと考えている人もいるでしょう。

 

 

しかし、自分も体験に行きたいけどキックボクシングをはじめる前にどんな服装で行けばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、これからキックボクシングを始めたい女性の方に向けにキックボクシングの体験で失敗しない服装の選び方について紹介します。

 

また体験時に必要な持ち物も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事では…

・キックボクシングの体験で失敗しない服装の選び方

・体験のときに必要な持ち物と注意点

について紹介します。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

 

キックボクシングの体験で失敗しない服装の選び方

キックボクシングの体験で失敗しない女性の服装

 

キックボクシングに適した女性の服装を紹介します!

 

服装選びで失敗したくない、どんな服装で通えばよいかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

服装選びのポイント

動きやすい服装

 

パンチやキックの動作を邪魔しないような服装

 

半袖Tシャツ×ハーフパンツ

 

キックボクシングには、「コレッ!」と決まった服装はありませんので、動きやすい服装であればOKです。

 

キックボクシングは全身動かす運動なので、パンチやキックの動作を邪魔しないような服装選びがポイントです。

 

なので、基本的に「半袖Tシャツ×ハーフパンツ」で問題なくキックボクシングを体験することができます。

 

 

オススメの服装

速乾性と吸水性のすぐれた上下の服装

 

ボトムス(パンツ)は伸縮性があるモノ

 

ショートパンツ×レギンス

 

 

【速乾性と吸水性のすぐれた上下の服装】

たくさん汗をかいたときに服が体にまとわりつき動きづらくなることがあります。

 

そのため、速乾性と吸水性のすぐれたモノのほうが汗のニオイも気になりませんし、ベタ付くこともないのでオススメです。

 

とくにトップスは、汗をかくとTシャツが身体にピタッとまとわりつくため速乾性と吸水性にすぐれたモノがおすすめです。

 

 

【ボトムス(パンツ)は伸縮性があるモノ】

伸縮性がないボトムスだとキックの動作を邪魔することがあり、動きづらいと感じることがあるため、ボトムスは伸縮性があるほうが動きやすいです。

 

 

【ショートパンツ×レギンス】

ぼくのジムでも多くの女性会員の方は、「ショートパンツ×レギンス」のスタイルで練習をしています。

 

肌の露出も避けれて、動きやすくスタイルをよく見せることができます。

 

そのため、上は半袖のスポーツウェアに下はショートパンツ×レギンスのコーデは、女性会員さんでよく見かける人気のキックボクシングコーデとなっています。

 

 

服装を選ぶときの注意点

スポーツブラ必須

 

ボトムスの裾に紐がついているモノはNG

 

長袖・長ズボンはNG

 

 

【スポーツブラ必須】

キックボクシングは激しくカラダを動かすため、動きやすくするためにも女性はスポーツブラが必須になります。

 

 

【ボトムスの裾に紐がついているモノはNG】

裾に紐などがついているモノは、紐が引っ掛かりケガをする可能性があるので、無駄な装飾してある服装は避けましょう。

 

 

【長袖・長ズボンはNG】

キックボクシングは全身を使う運動のため、長袖と長ズボンはかなり動きずらくなるのでやめておきましょう。

しかし、肌の露出を避けたい方は長袖・長ズボンでもOKです。

 

 

キックボクシングの体験に必要な持ち物と注意点

キックボクシングの体験に必要な持ち物と注意点

 

 

体験に必要な持ち物

汗を拭く用のタオル

 

飲み物

 

軍手

 

シャワーを浴びた後に拭く用のタオル

 

動きやすい服装(半袖のTシャツ×ハーフパンツ)

 

 

【汗を拭く用のタオル】

汗を拭くようなので、フェイスタオルくらいの大きさが一枚あれば十分です。

 

 

【飲み物】

500mlの水があれば足りると思いますが、夏場はそれ以上必要になるかもしれませんので、夏の暑い時期は500mlの水を2本用意しておくことをおすすめします。

 

 

【軍手】

ぼくのジムでは軍手を貸し出しをしているのですが、スムーズに体験ができるように家にある人は準備しておくことをおすすめします。

 

 

【シャワーを浴びた後に拭く用のタオル】

体験に行くジムにシャワー室がある場合は、バスタオルなどを用意しておくと体験後にさっぱりした気持ちで帰ることができますよ。

 

 

【動きやすい服装】

キックボクシングは全身を動かすので動きやすい服装を用意しておきましょう。

 

とくにコレッと決まっている服装はないので、動きやすいハーフパンツ×半袖Tシャツで十分です。

 

 

注意点

室内用のシューズ不要

 

グローブの用意不要

 

爪は切っておこう

 

 

キックボクシングは裸足で行う競技なので室内用のシューズは不要です。

 

また、グローブは無料貸し出ししているジムが多いので、グローブも用意する必要ありません。

 

 

体験やはじめてキックボクシングをする方で爪をケガする方が多くいらっしゃいます。

 

キックボクシングは裸足でおこなうため、爪が伸びているとケガをする可能性があるのでしっかり爪は切っておきましょう。

 

 

キックボクシングの体験は、タオル・飲み物・動きやすい服装があれば簡単に体験することができます。

 

また、入会後も手軽に通うことができるのでキックボクシングを始めようと考えている方はぜひ体験をしてみてください。

うーるん
うーるん

 

 

当日に入会希望の場合は、入会費用を用意しておきましょう。

 

多くのジムでは、最初に入会費用として“入会金+初月会費+翌月会費”が必要になります。

 

詳しくは各ジムのホームページで確認してみてください。

 

 

体験には事前予約が必要なところもあるので、ホームページで確認してから体験に行くようにしてくださいね。

 

キックボクシングは楽しいので、ぜひ体験して楽しんでください!!

 

 

まとめ

 

《キックボクシングの体験で失敗しない女性の服装》

【服装選びのポイント3つ】

・動きやすい服装

・パンチやキックの動作を邪魔しないような服装

・半袖Tシャツ×ハーフパンツ

 

 

【オススメの服装】

・速乾性と吸水性のすぐれた上下の服装

・パンツは伸縮性があるモノ

・ショートパンツ×レギンス

 

 

【服装を選ぶときの注意点】

スポーツブラ必須

パンツの裾に紐がついているモノはNG

長袖・長ズボンはNG

 

 

《キックボクシングの体験に必要な持ち物と注意点》

【体験に必要な持ち物】

・汗を拭く用のタオル

・飲み物

・軍手

・シャワーを浴びた後に拭く用のタオル

・動きやすい服装(半袖のTシャツ×ハーフパンツ)

 

 

【注意点】

室内用のシューズ不要

グローブの用意不要

爪は切っておこう

 

キックボクシングは手軽にはじめられて、楽しく運動できるスポーツなので、ぜひ体験してみてくださいね!!