初心者におすすめのキックボクシングバンテージは?理由をプロが解説!

バンテージ おすすめ 初心者

こんにちは、うーるんです。

バンテージには種類がたくさんあり、どれを選んでいいのかわからないですよね。

 

ぼくはジムに通いはじめた頃は、軍手をつけて練習していましたが、タイ人のトレーナからバンテージの購入を勧められたのがキッカケでバンテージを購入しました。

軍手をつけて練習を行っていると拳の怪我をするリスクがあったため、ぼくは怪我をしないためにも軍手からすぐにバンテージに買い変えました。

本記事では、現役プロのぼくが「キックボクシングバンテージの選び方」について詳しく解説していきます。

 

 

初心者におすすめのキックボクシングバンテージは?

バンテージとは?

 

バンテージとは、キックボクシング・ボクシング・総合格闘技などでグローブの下に拳に巻く包帯のような布のことです。

ぼくはグローブの下に”軍手”を着用して練習していると、パンチを打ち損なったときに拳を痛めた経験がありました。

パンチ力が強い方や練習量が多い方は、バンテージをしないで練習をしていると拳や手首の怪我をする可能性があります。

そのため、バンテージは拳や手首を保護するために欠かせない重要なアイテムのひとつです。

 

バンテージの種類は大きく分けて、練習用と試合用のバンテージに分かれます。

多くの方は練習用のバンテージで問題ありません。

試合用のバンテージは、巻くのがむずかしいため練習で使用するのはオススメしません。

 

プロのキックボクサーが試合のときに使用するものなので、購入するときに間違えて試合用のバンテージを購入しないように注意しましょう。

練習用のバンテージには、伸縮性バンテージ・非伸縮性バンテージ・簡易式バンテージの3種類があります。

この3種類の選び方について、ぼくが実際に使ってみた感想やメリット・デメリットも合わせて紹介します。
うーるん
うーるん

 

伸縮性バンテージ

 

結論、はじめてバンテージを購入する場合は、「伸縮性バンテージ」をぼくはオススメします!!

 

【伸縮性バンテージがオススメの人】

・バンテージをはじめて買う人

 

グローブの下に軍手で練習してよく拳を痛める人

 

・非伸縮性バンテージでうまく巻けない人

 

・とりあえずバンテージの購入を考えている人

 

ぼくのジムの会員さん・プロの選手・ぼくもよく使用しているのが伸縮性バンテージです。

はじめてバンテージを買うなら伸縮性バンテージから買ってみましょう。

 

また、軍手などで練習して拳を痛めている方もバンテージに買い変えてみましょう。

はじめてのバンテージ購入を考えている方は伸縮性バンテージがオススメです。

 

 

伸縮性バンテージを使用して個人的に感じたメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

・拳や手首に隙間なくフィットさせやすい

 

・バンテージがはじめてでも巻きやすい

 

・バンテージが崩れにくい

【デメリット】

・パンチの衝撃を吸収しにくい

 

・耐久性が弱い

 

・ヨレヨレになる

 

ぼくが最初に買ったのは伸縮性バンテージでした。

当時、バンテージは初めてでしたが、比較的簡単に巻くことができました。

巻きやすくフィットさせやすいため、長時間練習をしていても崩れにくかったです。

 

しかし、伸縮性バンテージは巻きやすい分、締め付け過ぎて手がしびれることがあるため、自分の拳にあった締め付け方を見つけることが大切です。

また、非伸縮性バンテージより伸縮性バンテージは耐久性が弱く、パンチを打ったときに衝撃を受けやすいです。

そのため、パンチ力があったぼくは、まれに拳を痛めることがありました。

 

 

【ぼくなりの「伸縮性バンテージ」を巻くときのコツ】

・包帯のように丸めた状態から巻き始める

 

・巻くときにきつ過ぎずゆる過ぎず巻いてあげる

 

・クッションはしっかり拳の上に乗せる

 

バンテージを巻き始めるときは、買ったときのような丸めた状態にしてから巻き始めてください。

そうすることで、巻きやすくなり崩れにくくもなります。

そして、巻くときはきつ過ぎると手がしびれ、ゆる過ぎると崩れるためちょうど良い締め付け方を見つけましょう。

また、クッション部分を作るときは拳の上にしっかり乗せましょう。

 

バンテージ 巻いた状態

↑写真のように巻いた状態から巻き始めてください。

 

 

非伸縮性バンテージ

 

はじめてバンテージを購入する方は、「非伸縮性バンテージ」はあまりオススメしません。

 

【非伸縮性バンテージがオススメの人】

・パンチ力がある人

 

・激しい練習をしている人

 

・よく拳を痛める人

 

ぼくは伸縮性バンテージの方を使用しているときに、相手のヒジをパンチしたときに拳を痛めたことがあります。

しかし、耐久性が強い非伸縮性バンテージであれば、そのような事は少ないです。

とくにパンチ力がある方は非伸縮性バンテージがオススメです。

しかし、非伸縮性バンテージにもメリット・デメリットがあります。

 

 

非伸縮性バンテージを使用して個人的に感じたメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

・パンチの衝撃を吸収してくれる

 

・ケガが少なくなった

 

・パンチ力が少し上がった

 

【デメリット】

・巻くのがむずかしい

 

・うまく巻けないと崩れやすい

 

バンテージに慣れてきたころで、ぼくは非伸縮性バンテージも同時に使用していました。

やはり、伸縮性バンテージより耐久性が高くしっかりパンチの衝撃を吸収してくれます。

しっかりパンチの衝撃を吸収してくれる分、おもいっきりパンチが打てるためパンチ力が少し上がりました。

 

しかし、非伸縮性バンテージは巻くのがむずかしため、うまく巻けなかった場合は練習中に崩れることが度々あります。

巻くのが少しむずかしいため、最初に非伸縮性バンテージを買うのはオススメしません。

 

 

【ぼくなりの「非伸縮性バンテージ」を巻くときのコツ】

・拳のクッション部分は分厚すぎないようにする

 

・きつめに巻く

 

・指の間に通したときに拳を握る

 

非伸縮性バンテージは、伸縮性バンテージと同じようにクッション部分を分厚くすると、最後に手首で止めるときに長さが足りないことがあります。

また、きつめに巻きながらバンテージを指の間に通したときに拳を握り、引っ張るように手首まで持っていきましょう。

最初は慣れませんが、何回も巻いているとすぐに慣れてきます。

 

 

簡易式バンテージ

 

そこまで練習をしない方や巻くのがめんどくさいと感じる方は、簡易式バンテージがおすすめです。

 

【簡易式バンテージがオススメの人】

・ボクササイズ感覚でキックボクシングを行っている人

 

・バンテージの洗濯が手間で困っている人

 

・そこまで激しい練習をしない人

 

本格的にキックボクシングをやっていない方であれば簡易式バンテージでも十分です。

簡易式バンテージはバンテージと違い洗濯の手間が少ないのが一番のメリットで、洗濯の手間を減らしたいのであれば簡易式バンテージがオススメです。

ぼくはバンテージを使用していますが、毎回網ネットに入れて洗濯して、洗濯が終わったら広げて干すという手間はかなり苦労しています。

 

 

簡易式バンテージのメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

・着脱が簡単

 

・洗濯する手間が少ない

 

・後片付けがラク

 

・ある程度手首と拳を保護してくれる

 

【デメリット】

・バンテージより拳や手首にフィットさせることができない

 

・バンテージより拳や手首を痛める可能性がある

 

ぼくのジムでも簡易式バンテージを使用している会員さんをよく見かけます。

ぼくと仲の良い40代男性の会員さんは、「バンテージは着脱も大変だから、洗濯の手間もかからない簡易式バンテージで十分。」と話していました。

 

バンテージと比べて簡易式バンテージは、初心者の方でも着脱が簡単です。

しかし、バンテージより保護力は低いため、強いパンチや長時間の練習には向いていないので注意が必要です。

 

 

Q&A

 

バンテージはどこで購入することができますか?

ネットや店舗で買うことができますよ。
ぼくは店舗で買うことが多いです。
購入するときに、しっかり伸縮性・非伸縮性か確認してから購入するようにしましょう。

 

 

おすすめの長さは?

しっかり固定したい場合は、長い4m以上のバンテージがオススメです。そこまで固定しなくていい場合は、短めの3m未満でも問題ありません。

 

 

まとめ

 

結論、はじめてバンテージを購入する場合は、「伸縮性のバンテージ」がおすすめです。

そこまで練習をしない方や巻くのがめんどくさそうと感じる方は、簡易式バンテージもおすすめ!!