キックボクシングジムの失敗しない選び方は?インストラクターがポイントを紹介!

 

キックボクシングジムを探すときに、たくさんのジムがある中でどのジムを選ぶのが正解なのか悩ましいところですよね。

 

実際にそのジムに入会し、通いだしてから「やっぱり違うところにジムを替えたい…。」と後悔しないように、事前にジムの詳細を確認しておくことも大事です。

 

”はじめてキックボクシングジムに通う方””そもそもジムに通うことがはじめてという方”は、どんなことに気をつければいいのかやどのように選べばいいのかわからない方が多いはずです。

 

 

そこでこの記事ではキックボクシングジムの選び方について現在ジムに5年以上通っているプロキックボクサーであり、インストラクターのぼくが詳しく解説していき、ポイントも合わせて紹介していきます。

 

うーるん
うーるん
実際にぼくはジム選びに1度失敗した経験がありますので、それらの経験も踏まえて失敗しないジム選びについて解説していきます。

 

 

この記事では、

・キックボクシングジムの失敗しない選び方

について詳しく紹介していきます。

 

 

キックボクシングジムの失敗しない選び方

 

あなたの自宅の近くにあるジムを探していたり、あなたの中で気になるジムがいくつかあるかと思います。

 

またこれから探す人もいるかもしれませんが、そこで最初にそこがキックボクシングジムなのか確認することが必要です。

 

 

格闘技ジムは、ボクシング・柔術・総合格闘技・空手…などたくさんあります。

 

あなたが通いたいジムは、キックボクシングジムだということも合わせて再認識しておきましょう。

 

 

キックボクシングジムだということが確認できたら、次はジムに通う目的です。

 

ダイエット目的なのか…それともプロを目指しているのか…プロは目指していないけど強くなりたい運動不足解消のため…などいろいろあるかと思います。

 

 

目的が決まれば、目的に合っているジムなのかホームページで確認しながらジムを探しましょう。

 

目的にあったジムが見つかるまで探しましょう。

 

 

自分の目的にあったジムが見つかれば、そこは通える範囲なのか検討してみましょう。

 

キックボクシングジムだけに限った話ではありませんが、定期的に通える範囲にジムがないと継続して通うことはむずかしくなります。

 

 

ぼくの場合は自転車で30分かけてジムに通っています。

 

またバスで通うこともできます。

 

なので、雨の日なのだバスで通えるようにもしています。

 

 

ぼくはキックボクシングジムではないですが、フィットネスジムに通っていた頃に10分かけて最寄り駅まで向かい、20分電車に乗り、そこからさらに徒歩20分かけてフィットネスジムに通っていた頃がありました。

 

しかし、通うのが苦になり、月に数回しか通うことができず継続するのはむずかしいと判断し、入会して半年も経たずに退会してしまった経験があります。

 

 

もちろんほとんどのジムでは入会金や初期手数料などありますので、すぐに辞めてしまってはもったいないですよね。

 

どのくらいの範囲なら定期的に通えるのかも判断が必要です。

 

 

通える範囲なのか検討したら、実際にジムに体験に行ってみましょう。

 

体験できる場合は、体験することがとても大事です。

 

体験でジムの雰囲気やキックボクシングクラスのレベルなど確認できたり、初心者の方にやさしいジムなのか肌で感じることができます。

 

 

体験し満足することができたら、そこのジムを検討してみましょう。

 

大きな不満があった場合や納得できない部分がある場合は他のジムを検討してみる余地があります。

 

 

また体験時にこのジムは自宅から定期的に通えるのかも判断しておくのもポイントです。

 

「定期的に通わなくてもいいので、月に1回カラダを動かせれば良い」という方はビジターとして利用するほうがお得かもしれません。

 

その場合はビジターとして利用できるジムを探してみましょう。

 

 

まとめ

 

うーるん
うーるん
以上、「キックボクシングジムの失敗しない選び方」について紹介しました。

 

ジムの雰囲気はもちろんですが、一番重要なのは定期的に通える範囲なのかが重要になります。

 

入会しても「ジムまで時間がかかるし今日はやめとこう」となると、もったいないです。

 

 

場所のせいで足止めにならないジム探しがポイントです。

 

”はじめてキックボクシングジムに通う方””そもそもジムに通うことがはじめてという方”は、どんなことに気をつければいいのかやどのように選べばいいのかわからない方は、ぜひキックボクシングジムを選び際に参考にしてみてください。